ディジーズ・マネジメント実践事例研究会


 
■研究会の目的
 

 近年、さまざまなフィールド(職域、地域等)において様々な実施主体(事業主、保険者、医療機関、民間企業等)がディジーズ・マネジメント(以下「DM」という)の実践を開始しています。しかし、国内におけるDMの実践の歴史は浅く、DMに必要な基盤が整備されていないため、DMの実践にあたって各フィールド・実施主体では様々な課題を抱えています。このため、本研究会では、DMの実践事例において生じている具体的な課題とその解決の方法について、DMの実践に関心を持つ方々で討議し、会員の相互啓発を図るとともに、日本のDM活動の発展に寄与することを目的としています。

 
■メンバー
 

(敬称略、順不同、肩書は当時)

 

(座長)

田中滋

慶應義塾大学大学院経営管理研究科 教授

(研究委員)

松田晋哉

産業医科大学公衆衛生学教室 教授

坂巻弘之

名城大学薬学部臨床経済学研究室 教授

森山美知子

広島大学大学院保健学研究科保健学専攻看護開発科学講座 教授

Gregg L. Mayer

Gregg L. Mayer & Company, Inc. President Dr.

(会員)

DMの実践に関心のある実務家、研究者

(事務局)

小林篤

損保ジャパン総合研究所 代表取締役専務

矢倉尚典

損保ジャパン総合研究所 主任研究員

久司敏史

損保ジャパン総合研究所 主任研究員

田中健司

損保ジャパン総合研究所 研究員

川端勇樹

損保ジャパン総合研究所 研究員

森朋也

損保ジャパン総合研究所 研究員

後藤愛

損保ジャパン総合研究所 研究員

■「ディジーズマネジメントの実践−生活習慣病対策の新展開」出版
研究会活動の集大成として、2009年3月に本書を出版しました。
 
■会合議事要旨
 

第8回(2007年7月)

第7回(2007年4月)

第6回(2006年12月)

第5回(2006年9月)

第4回(2006年5月)

第3回(2006年2月)

第2回(2005年10月)

第1回(2005年7月)

詳細は、ディジーズ・マネジメント・レポーターに掲載します。

 

page top

トップページ サイトポリシー お問い合わせ サイトマップ Copyright © Sompo Japan Nipponkoa Research Institute Inc.