損保ジャパン日本興亜総合研究所トピックス


一覧へ戻る>>>

 

PDF書類をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
右のアイコンをクリックしAcrobat(R) Readerをダウンロードしてください。

Get Adobe Reader
 
 

2009年1月15日発行 Vol.2

 

 
米国の職域におけるウェルネス・プログラムとディジーズ・マネジメント・プログラムとの関連性(PDF:326KB)
   
 

= 要 約 =
研究員 後藤 愛

   
 

当研究所では、継続してディジーズ・マネジメントの調査・研究を行っている。米国において、ディジーズ・マネジメントとは、主として慢性疾患患者を対象にして重症化を予防するプログラムである。一方、近年の米国では、疾患を発症していない健康的な個人をも対象として、健康維持・増進および疾病予防を図ることを目的としたウェルネス・プログラムと呼ばれるプログラムを導入する企業(雇用主)が増えている。現在では、多くの大手企業が採用するなど、比較的新しい福利厚生プログラムとして急速に広まっている。

   
   
 

page top

トップページ サイトポリシー お問い合わせ サイトマップ Copyright © Sompo Japan Nipponkoa Research Institute Inc.